file0001759321523

今年もやっぱりバターが足りない!

クリスマスが近づいてくると、

いつもに増して感じる、バターの品薄。

牛乳やチーズはあんなにギッシリ並んでいるというのに。

売れるとわかっているのにどうして作らないの?

メーカーはバカなの?

いえ、メーカーは悪くありません。

むしろ、メーカーは被害者です。

 

スポンサードリンク

 

実は、このバター不足は

「農畜産業振興機構」という謎の団体が巻き起こしている、

不可思議な現象なのです。

 

バター用の生乳は買取価格が安く、

酪農家は一番高く売れる牛乳用として出荷したいので、

ただでさえ、バター用の生乳が不足してしまうという一因があります。

 

では海外から安く輸入してはどうか、というと

バターの関税はものすごく高く設定してあるので、

結局、仕入れ値の3倍ほどに高騰してしまうのです。

輸入バターを売り場で見かけることがないのはこのためです。

それでも輸入バターはフレンチレストランや、パティスリーなどでは必要です。

 

バター不足で儲けているヤツらが居る?!

これだけの関税を課すのは、

国内の生産者保護のためだということはわかりますが、

その関税でガッポリ儲けているのは、

例の謎の団体「農畜産業振興機構」なんですよ!

なんてズル賢いんでしょうか!!

 

さらにこの「農畜産業振興機構」は、

バター輸入に関する権限をすべて握っていて、

輸入量や、輸入する時期などを自由にコントロールできるという、

ふざけた特権まで持っているのです。

 

そしてなんと、この「農畜産業振興機構」は

農水省の天下り団体なんですよー!!!!!

天下り団体なんて、もともと世の中に必要のない組織ですから、

この仕組みは害悪以外の何モノでもない、と思うんですけど!

 

「農畜産業振興機構」が儲けるために、

バターを利用しているんです。

何も生産しない、汗水ひとつ流さない天下り団体が一番儲けている。

バカバカしいったらありゃしないですね。

スポンサードリンク


 

私の友人に酪農家の娘がおりまして、

そこの家の搾りたて生乳を使い、

バターチャーンという木製の樽みたいな形の手作りバター製造機で、

大量にバターを作ったことがありました。

ちょっと塩を入れすぎましたが、出来たてバターは本当に美味しくて

料理にもケチケチせず豪快にバターをフライパンに放り込んでました。

file000892351324

そのバターを分けてもらい、東京に持ち帰ったとたん、

冷凍庫にしまいこみ、チョビチョビと削って使うという

打って変わってセコくなった私でした。

だってバターは本当に貴重品なんですから、どこぞの天下り団体のせいで。