2fe4a3ce766fd90e3cf4b30578f74a7f

1938年築のアパート、ジュネス順心

「たけしのニッポンのミカタ」で渋谷駅から5分の築77年のアパートが登場。

 

セルリアンタワーやインフォスタワーのある、

発展著しい桜丘町に

まるでタイムスリップしたかのように、

古色蒼然と佇む近代木造建築です。

スポンサードリンク

青い瓦を配したファサードと

丸窓のついた出っ張り? がとてもレトロなんですけども、

パッと見では、とても築77年とは思えないです。

人が住んで、大事にされている建物なんだなあと。

 

これほどの年季が入った建物ですから、

「〜館」とか「〜楼」とか「〜閣」みたいな名前かと思いきや、

「ジュネス順心」

モダンですね。

なんでもイタリア人の設計による、留学生用の宿舎だったとか。

 

今の建物にはない不思議な魅力があるので、

TBSドラマ「変身インタビュアーの憂鬱」のロケにも使われたようですね。

 

ファサードは玄関ホールになっていて、

画像のとおり、なかなか期待を裏切らない雰囲気です。

 

部屋は5畳1間とか2畳1間という激セマな間取りです。

収納や小さなキッチンまでついていて、

(キッチンは無理に装備しなくてもいいんじゃね?)

結構最近まで不動産サイトで入居者募集していたみたいですよ。

スポンサードリンク

 

ただ、

定期借家での募集ということでした。

おそらく1~2年後には取り壊しになるのでしょう。

 

日本は古い建物を大事にしない

ジュネス順心より10年ほど前に建てられた、

同潤会アパートのシリーズは、

1982年頃から徐々に解体され始め、

2013年にはすべて解体されました。

 

九段下にあった竹平寮は、

1935年に建てられ、2001年に解体。

ジュネス順心のような丸窓のある、いい味のアパートでしたが、

晩年は鬼気迫るくらいの荒廃ぶりでしたねー。

(最後まで居住者がいたらしいですが)

 

それを考えると、鉄筋コンクリート造りでもない

ジュネス順心がまだ生き残っているのは

スゴイことだと思います。

本当に取り壊しになるのだとしたら、残念ですね。

 

そんなことエラソーに語る私が住んでいるマンションも

そろそろ築50年に届きそうです。

東日本大震災では壁にヒビが入り、

壁紙が破れてしまいました(コワ〜)

地震国では、古い建物が生き残るのは難しいです。