file0002014909352

慢性的な腰痛に加えてさらにくる痛み

椎間板ヘルニアの持病があるので、

軽い腰痛や腰のだるさは、

日常のものと化してしまっています。

スポンサードリンク



そこへ唐突に、腰にピキーンと激痛が走ることがあります。

特に重いものを持ち上げたとか、

無理に捻ったとかではなく

普通に歩いている時や、

しゃがんだ体勢でモノを取ろうと手を伸ばした瞬間などの

本当に何気ない油断した動作で、

ピッキ〜〜ンとくるのです。

これはもう避けようがありません。

 

立ち上がり困難症?

ひどい時は本格的な「ぎっくり腰状態」になり、

歩くのもままならないわ、寝てても痛いわで数日間苦しみます。

そこまで重症じゃない場合でも、

「ピッキ〜ン」がきたら、もれなく付いてくるのが

椅子から立ち上がる時に激痛をともなうことです。

すぐに真っ直ぐに身体を起こせません。

腰が「ダメダメダメダメ〜〜!」と悲鳴をあげているようです。

 

そこで、テーブルや手すりなどに手をついて、

両腕の力で立ち上がって、

服のシワを伸ばす仕草などしてごまかしながら、

ゆっくりと身体を起こしていきます。

しかし、今度は足が思うように動かない。

歩幅10センチくらいでしか歩けないんです!

人目がある場所だと結構恥ずかしい。

5、6歩も歩けば何とか普通に戻るんですど。
スポンサードリンク



電車やバスで座席から立ち上がるのは、もっとつらいです。

立つのもやっとなのに、急いで歩きだしてさっさと降りないと、

ドアが閉まって降りられなくなりますから。

「じゃあ、最初から立ってればいいだろうが」

と突っ込まれそうですが、そりゃその通りです。

でも、一日中の立ち仕事なので、

座れる機会があったら座りたいです。

 

立ち上がる時のちょっとしたコツ

本当に腰が痛いということは厄介です。

ググッてみたら、同じ症状の人が多いのに驚きました。

痛み方や原因は人それぞれなのでしょうが、

・腸腰筋や腰方形筋の弛緩

・腰椎の配列が原因(腰部椎間板ヘルニア・腰椎すべり症)

・骨盤のつなぎ目のズレ

などがあげられるようです。

私は真ん中のヤツですね。

治療法はそれぞれ違いますから、

そこは整形外科にお任せするとして、

さて私はまさに今、「立ち上がり腰痛」に悩まされています。

できるだけ痛みの少ない立ち上がり方はないものかと、

調べて、実践してみましたところ、

意外に簡単で効果的な「立ち上がり方」があるんですね。

 

それは、
  1. 立ち上がる前に軽く足踏みをする。
  2. 頭を斜め上に向けて立ち上がる
  3. 歩き出す時は下を向かない。
たったこれだけです!

これ結構効きますよ!

ふだんからこの立ち方をしていれば、予防にもつながるとのこと。

足踏みはちょっと恥ずかしいですけど、

案外、誰も他人のことなんて見てませんから。

それより、立ち上がってヨロヨロしてる方が注目されますし。

 

★健康に関する他の記事

インフルエンザ ワクチンよりも予防効果が高いものとは?

寒くなると鼻が詰まる、つらい鼻炎の意外な治し方