file000328536300

清原逮捕祭り、もういい加減にして

ニュース速報のテロップを見て、

速攻ブログを書いた私が言うのもヘンですが、

マスコミは、

「清原逮捕騒ぎすぎだろ〜〜〜!」

っていうか、

「清原逮捕がそんなに嬉しいか?」

と言いたくなるほどの力の入れようです。

 

スポンサードリンク




 

そんなマスコミは大はしゃぎで、

かつてのライバルやチームメイト、恩師などに次々と突撃し、

「彼ほどのスターがどうして? 実に残念だ。更生して頑張って欲しい」的な

いかにもありがちな決まり文句をもらってきては、

嬉々として何度も垂れ流して、多くの時間を割いています。

インタビューに応える方も、

「ただただ、びっくりしている」

とか、白々しいんですけど。知ってたくせに。

 

テレビ局のネタ合戦を延々と見せられているだけ

ベッキーと川谷絵音のスキャンダルの次に現れた、格好のネタ。

でも、前者は「今が旬」のタレントですが、

清原はもう、ピークをとうに過ぎた「過去の栄光」の人です。

しかも、以前から薬物疑惑があった人物です。

サプライズ性すらない。

ちなみに清原の薬物疑惑を最初に追跡、報道したのは

あの「週刊文春」だそうです。

 

各局、ここぞとばかりに今まで録りためた映像やエピソードを引っ張りだし、

しつこいくらいの編集で、これでもかと垂れ流しています。

特にフジテレビは、ダウンタウン浜田との

「クスリやってんの?」「風邪薬だけ。」という会話や、

別の番組でのダウンタウン松本とのトークで、面白おかしく語られた

「灰皿叩き割り事件」を 得意気に引用しています。

まるで、清原が逮捕された時には使えるぞ〜と下心でもあったのかと。

スポンサードリンク




 

もっと裏があるだろーと誰もが思っているのに…

視聴者はもう、そんな上っ面だけの報道を求めてはいないのです。

先のブログでも触れたましたが、謎の運転手のこととか、

「薬物を抜いてくれる」という、芸能人御用達のデトックスクリニックのこととか、

誰か突っ込んで取材してくれないものか?

いや、そんなの放送できないか。。。

そして、移り気で飽きっぽい視聴者は、じき忘れて、

すぐに次のネタへと興味が移っていくのです。

マスコミもあの大騒ぎはどこへやら、と

ウヤムヤになる、の繰り返しなんですね。

 

★関連記事

清原和博が覚せい剤所持で逮捕、ASKAと飯島愛との接点も?

ASKAブログはなぜ公開直後に削除されたのか?