惰性のままつけっぱなしになっていただけのテレビ番組が、

意外に面白かったことってありますよね。

日曜19時の「フルダチさん」で、方言やアクセントに関して面白おかしくやっていたので、

結構夢中で観てしまいました。

 

<スポンサードリンク>



 

東京で生まれ育った私は、

自分のアクセントこそ標準だと思っちゃっています。

まあ東京にいて、周りの人がそこまで訛ってくることはありませんが、

この人、なんとなくアクセントが違うなーって思うことは結構あります。

去年から一緒に働いている人なんですが、

彼女は東京でも屈指の高級住宅地の生まれで、現在は鎌倉住まい。

しかし、そのどちらにも属さないようなアクセントで話すんです。

例えば「夜」を「よとか、

「帰らない」を「かえらない」というふうに尻上がり調なんです。

神奈川というわけでもなく、むしろ北関東あたりのイントネーションに近い。

彼女の言語の半分以上はそんな感じ。

銀座や日本橋が幼少の頃の行きつけだったという、お嬢様エピソードを語り始めるともう止まらない。

そんな時、「なんで訛ってるんですかー?」って心の中で叫ぶ私。

 

私が気にしすぎなんでしょうけど、

日本人特有の「濁点抜き」が許せません。

「フルダチさん」でもやっていましたが、

「キューピッド」を「キューピット」

「ブルドッグ」を「ブルドック」っておかしいだろ!
<スポンサードリンク>



 

確かに「ベッド」を「ベット」、「バッヂ」を「バッチ」なんて日本人は普通に言う。

自分の職場でも、「ハンドバッグ」を「ハンドバック」って書く人の方が多い。あー許せん。

番組に出演していた言語学者の金田一先生によると

「日本人は、ッのあとに濁音を言うのが苦手」とのこと。

 

もうひとつ、年配者とかに多い「ボディー」を「ボデー」ってヤツ。

それは別にいいんです。 舌がそうとしか発音できないんですから。

でも、外来語の「テ」や「デ」は何でも「ティ」「ディ」にしなきゃダサいと勘違いしている人もいます。

「ディテイル」を「ディティール」、「デスティニー」を「ディスティニー」みたいな。

そう言っときゃ恥かかないだろうって思うのか。

昔流行ったヘアスタイリングジェル「DEP」も「ディップ」って言う人の方が多かったなー。